かわかみ整形外科・小児科クリニック |整形外科サイト
小児科サイトはコチラ
TOPお悩みから探す膝が痛い
診療時間 アクセス
お悩みから探す

膝が痛い

膝の症状
  • 歩き始め、立ち上がり、階段の上り下りで痛む
  • 歩いていて急にガクッと膝くずれを起こす
  • 腫れぼったくなって曲がりにくい
  • 正座ができない、しゃがめない
  • O脚が気になる

代表的な疾患

  • 変形性膝関節症
    中年から老年にかけて膝の痛みを訴える最も代表的な疾患で、関節の軟骨が摩耗し変性した状態です。半月板・靱帯損傷、関節炎に続発することもありますが、多くは加齢による変性で、O脚、筋力低下、肥満、重労働などの要因をきっかけに症状が出てきます。
    主な治療方法
    多くは手術にたよらない保存的治療を薦めています。大きく分けますと、日常生活動作の注意・肥満対策、温熱療法などの物理療法と運動療法によるリハビリテーション、装具療法、湿布・鎮痛剤などの薬物療法、ヒアルロン酸の関節内注射です。
  • 膝半月板断裂
    大腿骨と脛骨の関節軟骨の間に介在する線維軟骨が半月板です。内側と外側にあります。大きな外力による靱帯断裂や関節内骨折に伴う外傷性断裂と、加齢による軟骨変性が基盤にある変性断裂があります。
    主な治療方法
    若年者の外傷性断裂では可能な限り縫合手術が行われます。中高年~老年の変性断裂では、ヒアルロン酸の注射、足底板の装着と大腿四頭筋の筋力増強を含めた運動療法が主体です。
  • 大腿骨・脛骨顆部骨壊死
    変形性膝関節症に伴って大腿骨内顆部と脛骨内顆部に多く出現します。急な痛みの増悪や比較的大量の水腫(水が溜まる)の貯留が特徴です。骨の血流障害や力学的脆弱性が原因とされています。大きい病変では荷重により関節面が陥没することがあります。
    主な治療方法
    骨壊死の大きさと陥没の有無により方針が異なると考えます。病巣が小さく陥没による関節面の不整がなければ、ヒアルロン酸の注射、足底板の装着と大腿四頭筋の筋力増強を含めた運動療法が主体です。病巣が大きく陥没による変形があれば手術を選択します。
  • 膝関節内遊離体
    変形が高度な変形性膝関節症では、骨棘が広範囲に大きく出現しています。骨軟骨の剥離も多発しており、骨棘が骨折し骨片となったものや剥離した骨軟骨片が関節の荷重面に引っ掛かると、急な痛み、動きの制限、膝くずれ等が出現します。
    主な治療方法
    症状を繰り返す場合には関節鏡を利用して骨軟骨片の摘出を行います。変形が高度であるため人工膝関節手術が選択される場合もあります。
  • 主な治療方法

当院の診療方法

  • 医師による診断
    問診では、今回の痛みの出現時期、膝の痛みの既往歴、荷重負荷が大きい職種(立ち仕事、しゃがみ仕事など)やゴルフ・踊りなどの趣味をお聞きします。診察では、肥満度の評価とともに、O脚の程度、膝が真っ直ぐに伸びるかどうか、最大屈曲できるかがポイントです。O脚、伸展障害、屈曲障害が強いほど、痛みと歩行能力の回復が乏しくなります。触診では、関節液の有無と量、圧痛の部位、膝蓋骨がよく動くかを評価します。水が繰り返し多量にたまるならば骨壊死を、キリッと差し込むような強い痛みや膝くずれがあれば半月板断裂・遊離体・骨壊死の陥没を疑います。関節症の進行度はレントゲンで確認します。圧痛がある膝内側部は、エコーで内側半月板の変性と骨棘周囲の腫れの程度が評価できます。症状が改善せず、痛みが増悪した場合にMRIを撮像し評価します。
  • 治療
    ヒアルロン酸の関節内注射と運動療法が主体です。膝に水がたまる、炎症で腫れている、痛みが強い等の場合には鎮痛剤の処方もしますが、1カ月以内の服用にとどめることが望ましいと考えます。最近では慢性疼痛に有効な内服薬もあります。ヒアルロン酸の関節内注射は、摩耗してささくれた軟骨の表面を注射成分が覆って摩擦を減らしたり、軟骨自体に吸収されてクッションになったり、ヒアルロン酸自体に抗炎症効果があるとされていますので、当院でも多用しており優れた効果を認めています。週1回で5回注射を行う方法が一般的です。リハビリを含めた治療で十分な効果が得られない場合には人工膝関節置換術手術が推奨されます。痛みがなくなり、膝もまっすぐになって歩行のエネルギー効率も良くなるので、安定した立位バランスと歩幅で歩行速度もアップします。
  • リハビリテーション
    膝が痛むので安静にしていたら動けなくなった、力が入らないという悪循環を断つために運動療法を行うことが推奨されます。運動療法を絡めて、力が入るようになると動けるようになって、筋力が戻って関節を動かすことで軟骨が保護されるという良い循環にして自分で対処できる自立的な機能維持を目指します。膝がまっすぐに伸びない状態が続くと膝窩部の痛みが出現し膝蓋骨の動きも悪くなります。いずれも成績不良の原因となります。大腿四頭筋の筋力増強とともに膝の最大伸展位を得ること、膝蓋骨の上下左右への良好な動きを維持することを強調したいと思います。

その他のお悩みから探す

  • 膝が痛い
  • 肩が痛い
  • 腰が痛い
  • 頚が痛い
  • お尻から大腿・下腿が痛い
  • 交通事故でケガをした方へ
  • スポーツでケガをした方へ