かわかみ整形外科・小児科クリニック |整形外科サイト
小児科サイトはコチラ
TOP治療方法紹介物理療法
診療時間 アクセス 採用情報
治療方法紹介

物理療法

腰椎・頚椎牽引治療器、膝関節・股関節・肩関節などの複合牽引器、遠赤外線治療装置・超音波・炭酸泉などの
温熱機器、ハイパー、プロテクノ、TENSなどの電気機器、オステオトロン・アクセラスなど
超音波骨折治療器のほか、リラクゼーションを目的としたウォーターベッド、そして、運動療法に用いる
ルームマーチ、代謝改善を目的とした振動型運動器など豊富なアイテムを設置しています。

物理療法の様子

電気治療
痛みのある部位に電気刺激し、血行を良くして痛みを和らげます。
牽引装置
首や腰の関節をひろげ、神経や組織の圧迫を除圧し痛みを和らげます。
EB
痛みのある部位や全身を温めることで血行を良くして痛みを和らげます。
干渉波治療
筋肉を電気刺激し収縮拡張して筋肉をほぐし、血行を良くして痛みを和らげます。

物理療法機器

  • 牽引装置
    首や腰を引っ張ることで、背骨の狭くなった隙間を拡げて、骨同士の圧迫を軽減させます。また温めながら治療を行うので血行も良くなります。
  • 高周波治療器
    痛みのある部位に電気刺激を流すことで血行を良くして痛みを和らげます。
  • ウォーターベッド
    水圧で全身を刺激し、リラクゼーション効果を高めます。
  • 温熱治療機器
    痛みのある部位や全身を温めることで血行を良くして痛みを和らげます。

その他の治療方法紹介

  • リハビリテーション
    気持ちよく、積極的にリハビリを行っていただけるよう心掛けております。
  • 運動療法
    ボールやゴムチューブなどを利用した運動療法、また運動治療を行います。
  • 物理療法
    日常生活動作の注意・肥満対策、温熱療法・電気刺激などを行います。
  • 衝撃波治療
    衝撃波を患部に照射して、痛みを感知する自由神経終末の変性を誘導します。