かわかみ整形外科・小児科クリニック |小児科サイト

整形外科サイトはコチラ

小児科医の豆知識

  • カレンダー・診療時間
  • アクセス
  • 病気のお話
  • 育児のお話
消化器の病気
腸重積症
2017/11/21

 腸重積症はその病名のように、腸が腸の中に入り込んでしまう病気です。小腸が大腸の中にどんどんと侵入していきます。生後3か月から3歳までの乳幼児に発症しますが、ほとんどの場合は原因がわかっていません。

 まれな病気ですが、症状が特徴的なのでぜひお母さんやお父さんは覚えていて下さい。元気に遊んでいたお子さんが、突然不機嫌になって激しく泣きだします。からだを曲げてお腹が痛そうです。ところが3~4分後にはケロッとして元気に遊びはじめます。しばらくするとまた痛そうに大泣きをはじめます。同じことを繰り返したあとだんだんと顔色も悪くなり、ぐったりしてきます。嘔吐も出てきます。入り込んだ腸が締め付けられて、苺ジャムのような血便が出ることもあります。

 発症から24時間以内でしたら、肛門から造影剤などを注入する(高圧浣腸といいます)方法で入り込んだ腸を元に押し戻すことができます(整復といいます)。24時間以上経って全身状態が悪くなっていれば手術による整復が必要になります。もし、入り込んだ腸が血行不良によりくさっていた場合にはその部分の腸管を切除するようになります。

 早期に診断がつけば手術は避けられます。大泣きしては止んで元気になって、また大泣きしてはぐったりして・・・こういう経過がみられたら「腸重積症」かもしれないと疑って、すぐに小児科医に診てもらって下さい。できれば小児科と外科の揃っている病院が良いと思います。

関連記事