かわかみ整形外科・小児科クリニック |小児科サイト

整形外科サイトはコチラ

小児科医の豆知識

  • カレンダー・診療時間
  • アクセス
  • 病気のお話
  • 育児のお話
くらしと育児
夜泣き
2017/11/02

 これは、医学的には大した問題ではありませんが、当事者にとっては困りはてることですよね。特にお母さんは、睡眠不足になってイライラするし、つらいですよね。おむつが濡れて気持ち悪いのか?お腹がすいているのか?暑いのか?寒いのか?なにを試みても効果なし。抱っこして泣き止めばいいほうで、夜中に赤ちゃんを抱いて家中をウロウロするはめになったりします。基本的には「仕方がない」と諦めて下さい。赤ちゃんが成長すれば、夜泣きはなくなりますので、「今だけ、辛抱!辛抱!そのうちきっといいことがある。」と前向きに考えて、あせらずにいきましょう。

 たまに、夜中にあまりに激しく泣くので心配になり、病院に来られることがあります。ところが、受診される頃には、夜中のドライブが気分転換になったのでしょうか。当の赤ちゃんはにこにことご機嫌。ご両親は拍子抜けした顔で「あんなに泣き続けていたのに、おかしいなあ?」ということがあります。泣き止ませようと考えないで、相手をして向き合っていこうと思えば気が楽かもしれません。できれば、お父さんや家の人に協力してもらって、夜中の当番を決めるのもいいかもしれません。

関連記事