日本骨粗鬆症学会 in 大阪 整形スタッフ  さぁや - 小児科 - かわかみ整形外科・小児科クリニック(山口県宇部市)

かわかみ整形外科・小児科クリニック |小児科サイト

整形外科サイトはコチラ

スタッフ便り

  • カレンダー・診療時間
  • アクセス
TOPスタッフ便り日本骨粗鬆症学会 in 大阪 整形スタッフ  さぁや
日本骨粗鬆症学会 in 大阪 整形スタッフ  さぁや
2017/12/11

H29年10月21日~22日

大阪国際会議場で行われた第19回日本骨祖鬆症学会へ

院長、整形スタッフ5名で参加してきました。

 

この日、大阪には台風21号が接近しており、天気は土砂降りの雨(;Д;)

雨ニモマケズ、風ニモマケズ 

道頓堀、通天閣、アベノハルカス、アメリカ村へ行き、

大阪市内観光&食べ歩きをしてきました!

 

ちなみに、道頓堀と言えば・・・・

グリコの看板!もちろんみんなで記念撮影しました♪

 

 

2日目は学会へ!

 

朝からお昼まで、スタッフ全員で『よくわかる骨祖鬆症シリーズ』という講義を

聞いてきました!

この講義では、今まで勉強してきたことの復習ができました。

その中でも日頃している検査のポイントがよくわかりました。

 

お昼からは、骨祖鬆症マネージャーの試験を受けるために

『骨祖鬆症マネージェーレクチャーコース』を受講しましたが、

台風のせいで予定よりも早く山口県へ帰ることになり、

泣く泣く講習会を途中退席することになりました(T_T)

1時間程の受講した講義では、骨祖鬆症について 

その治療方法などについて聞くことができました。

 

今回学会に参加してみて、私が一番驚いたことは、

現在、骨祖鬆症の患者は1280万人いうと推定されています。

しかし、治療を受けている患者は200万人で、せっかく治療を

始めても1年で42.5%の人が処方されたとおりに薬が服用できず、

5年以内に52.1%の人が治療をやめてしまっている。

ということです。

骨祖鬆症の治療の、目的は「骨折を予防すること」と

いろんな講義でたくさんの先生が何度も言われていました。

そのために薬を続けることは大切なことです。

今、当院で骨粗鬆症の治療をされている患者さんにも

治療を続けることが大切ということをもっと伝えて

いかなければならないなと思いました。

 

学会に参加してたくさんの事を新しく知ることができ、

とても勉強のできた1日でした。

台風でしたが、新幹線も遅れることなく無事に

山口県に帰ってくることができて一安心です。

 

来年は晴れることを祈っています!

 

 

コメント( 0 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。