宇部市の整形外科・小児科ならかわかみ整形外科・小児科クリニック
 Kawakami Orthopedics & Pediatrics Clinic 小児科・整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科 かわかみ整形外科・小児科クリニック
山口県宇部市野原1丁目5-5 電話0836-37-3700
HOME お知らせ クリニック案内 スタッフ アクセス お問合せ
病気のはなしTOPへ
小児科
病気のはなし
32. 小児の尿路感染症
2011年2月
 尿は腎臓でつくられ、腎盂(腎臓の中心部)に集まり、尿管を流れおちて、膀胱にたまります。膀胱にたまった尿は尿道を通って排泄されます。この尿が通過する道すじが尿路です。ここに細菌が入り込んで炎症をおこすのが、尿路感染症という病気です。
 腎盂と尿管の感染は上部尿路感染症、膀胱と尿道の感染は下部尿路感染症といいます。症状は上部尿路感染症では、高熱、背部痛、嘔吐などがあります。乳幼児では発熱、不機嫌のみのことがあります。下部尿路感染症では、発熱はなく、排尿時痛、頻尿などがあります。
 では、どこから細菌が入り込むのでしょうか?ほとんどは尿道の方からです。尿のたどる道を逆方向に上っていきます。おしりの周囲の皮膚には大腸菌が付着しており、これが原因のことが多いのです。尿道から膀胱まで上がって炎症を起こすと下部尿路感染症です。よく「おしっこを我慢すると膀胱炎になるかもよ」と言いますね。その通りで、長い時間、菌が停滞すると繁殖してきて感染を起こしやすくなります。
 上部尿路感染症はさらに細菌が尿管を上って腎盂にたどりついて炎症を引き起こします。乳幼児でこの上部尿路感染症にかかったお子さんの約半数に膀胱尿管逆流症(VUR)という異常が見つかります。VURでは尿が排尿時に膀胱から尿管の方に逆流します。膀胱の中の細菌も逆流に乗って腎盂のほうにたどりついてしまいます。
 尿検査で白血球が出ていると診断できます。乳幼児では尿を取ることが難しく、採尿パック(ビニールの袋)を貼りつけておしっこがでるのを待つようになります。時間がかかりますが、かぜでもないのに高熱が出て、「尿検査をしましょう」と言われたら、ぜひ検査を受けてください。尿検査をしないと、「尿路感染症」の診断はできません。
 治療は抗生剤の内服や点滴治療になります。VURなど尿路の異常が疑われる場合は入院して治療と検査を受けます。尿路の異常がみつかった場合は、その程度によっては手術が必要な場合もあります。
 乳幼児では、この病気は疑わないと診断できません。安易に抗生剤を内服すると症状は改善するので、VURなどの尿路異常がある場合には発見が遅れてしまいます。高熱だけのときは、「おしっこ」の検査はとても大切です。
病気のはなしTOPへ 育児教室だよりバックナンバー

Copyright(c)2008.1. Kawakami Orthopedics & Pediatrics Clinic All Rights Reserved.