宇部市の整形外科・小児科ならかわかみ整形外科・小児科クリニック
 Kawakami Orthopedics & Pediatrics Clinic 小児科・整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科 かわかみ整形外科・小児科クリニック
山口県宇部市野原1丁目5-5 電話0836-37-3700
HOME お知らせ クリニック案内 スタッフ アクセス お問合せ
日常的な疾患Q&ATOPへ
整形外科
日常的な疾患Q&A
9. 膝滑膜ヒダ(タナ)障害
2011年1月
Q. 以前より両膝にパキパキと引っ掛かるような感じがありました。1ヵ月前より、練習中に右膝の前面に痛みが出てきました。右膝をかばっていると左膝の前面にも同じような痛みが出てきました。長時間立っていると違和感があります。階段を下りるときにも痛みを感じます。(16歳女子高校生、テニス部)
A. 膝の前面に痛みを生じる疾患の中で、特に膝蓋骨(お皿)の内側やや下方に限局した部位に痛みがある場合には、滑膜ヒダ(タナ)障害が疑われます。この滑膜ヒダは膝蓋骨と大腿骨内側の軟骨の間の棚のような仕切り様の軟部組織で『タナ』と呼ばれています。正常でも約半数の人に存在します。膝の曲げ伸ばしで引っ掛かってパキパキ音がすることを自覚することが多いようです。タナが非常に大きな人は膝蓋骨と大腿骨の間で挟まりやすく、またスポーツなどで負荷が膝に過大に加わることで炎症を起こします。階段を上ったり下りたりする時の膝の曲がる角度がちょうどタナが挟まって痛むことが多いようです。
 診断は上記の典型的な病歴や圧痛の部位で判断しています。痛みが持続する場合には他の疾患との鑑別のためMRI検査を行うと同時にタナの形態が評価できます。関節鏡を行えば、炎症の程度や軟骨への影響なども明確になります。
 治療は、激しい運動を控え、膝を伸ばす大腿四頭筋の筋力維持訓練、シップ・塗布薬・鎮痛剤などの薬による治療、レーザ・超音波などの物理療法を行っています。強い痛みが持続し、膝の曲げ伸ばしの動きが制限される場合には、関節鏡視下での切除術が行われることもあります。
日常的な疾患Q&ATOPへ

Copyright(c)2008.1. Kawakami Orthopedics & Pediatrics Clinic All Rights Reserved.