お尻から大腿・下腿が痛い - お悩みから探す - 整形外科 - かわかみ整形外科・小児科クリニック(山口県宇部市)
かわかみ整形外科・小児科クリニック |整形外科サイト
小児科サイトはコチラ
TOPお悩みから探すお尻から大腿・下腿が痛い
診療時間 アクセス
お悩みから探す

お尻から大腿・下腿が痛い

お尻から大腿・下腿の症状
  • 片足がしびれて歩きにくい・片足がジンジン痛む
  • 両下肢がしびれて歩きにくい
  • 痛くて片足に体重がかけられない

代表的な疾患

  • 坐骨神経痛
    腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症では腰神経根の圧迫により坐骨神経支配領域の下肢痛・しびれを生じます。知覚障害・麻痺などの神経症状を伴う重症もありますが、椎間板の内圧に偏りが生じて下肢症状の増悪と寛解を繰り返す場合が多いようです。
    主な治療方法
    神経症状があれば早急にMRI検査をして神経根の圧迫部位を同定します。治療は麻痺の程度を注意深く観察しながら、鎮痛剤・坐薬の処方、コルセット処方、神経根ブロックなどを行います。軽症であれば、内服処方・静脈注射・運動療法を選択しています。
  • 腰部脊柱管狭窄症
    両下肢のしびれ感があれば、腰部脊柱管狭窄症による馬尾神経障害を疑い、残尿感・尿失禁などの排尿障害や会陰部の異常な感覚などを確認します。片側下肢のしびれ感や痛みは腰部脊柱管狭窄症では神経根障害タイプが多いと思います。
    主な治療方法
    腰部脊柱管狭窄症の神経根障害タイプは薬剤やブロック治療で軽快しやすいですが、馬尾障害タイプは改善が乏しいので手術を考慮します。
  • 梨状筋症候群
    臀部や大腿部・下腿外側のしびれ感や痛みを訴えますが腰痛はありません。臀部の打撲などの外傷後、ランニング・スクワット等のスポーツ活動に伴い発症することが多いとされています。臀部の梨状筋に圧痛があり、しばしば座位が困難となります。
    主な治療方法
    骨盤の傾斜を補正し梨状筋をストレッチするリハビリテーションを行う場合もありますが、梨状筋部での坐骨神経ブロックが奏功する症例が多いと思います。
  • 仙腸関節障害
    座位から立ち上がる動作で痛む、腰部の後屈と障害側の荷重で痛むので、立位では腰部は前傾し痛みのない側に逃避した非対称な姿勢で歩行します。腰部を後屈しようとすると膝折れを誘発します。仙腸関節から臀部~大腿部への痛みが特徴的です。
    主な治療方法
    骨盤ベルトで固定すると痛みが軽快する場合が多く、また仙腸関節ブロックを行うと著効が得られる症例が多いと思います。
  • 変形性股関節症
    股関節の軟骨が変性し摩耗して股関節の荷重時の痛みと大腿部への関連痛を訴える場合があります。関節の変形により各方向への可動域制限が進行していきます。
    主な治療方法
    肥満の回避、股関節の可動域改善のためのストレッチングと関節安定化のための中殿筋などの筋力訓練を行います。痛みの程度に応じて活動量の制限・杖の使用、消炎鎮痛剤などの薬剤を使用します。『貧乏ゆすり』を勧める医師もいます。

当院の診療方法

  • 医師による診断
    変形性股関節症では股関節の可動域制限が通常認められるので鑑別は比較的容易と思います。椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板症など腰椎由来の症状か、仙腸関節または梨状筋由来の症状かを鑑別する際に、まず骨盤ベルトで固定し腰部を後屈して痛みが軽減したら仙腸関節由来を疑います。骨盤ベルトで軽快しない場合は腰椎由来を考慮します。梨状筋の圧痛は腰椎由来の坐骨神経痛でも認めます。梨状筋部での坐骨神経ブロックをして効果があれば診断も含めた治療になります。腰椎由来の坐骨神経痛症状を疑えば、神経症状の重症度により勘案してMRI検査を優先します。
  • 治療
    注射療法については、特に梨状筋症候群と仙腸関節障害に対しては局所麻酔薬によるブロックが効果的です。最近ではエコーの解像度が格段に良くなっていますのでエコーガイドでターゲットを狙って注射を行っています。腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症の腰部神経根の圧迫による坐骨神経痛は急性期には著明な痛みのため歩行も困難な状況で受診されます。このような場合には腰神経根ブロックを行っています。比較的軽度な坐骨神経痛に対しては静脈注射が効果的である場合が多い印象です。椎間板内部の髄核が後方に脱出して神経根を圧迫する脱出型の腰椎椎間板ヘルニアの場合には痛みも強いのでコルセットの作成・装着を推奨しています。
  • リハビリテーション
    比較的軽度な坐骨神経痛に対しては運動療法が効果的です。腰椎椎間板障害や腰部脊柱管狭窄症などの腰部に原因がある坐骨神経痛では下肢症状が軽快した段階で大腰筋や傍脊柱筋など腰部を支える筋群の筋力強化を推奨しています。筋群が大切な腰を守るコルセットと考えて下さい。MRI検査において筋群の断面積と脂肪量を評価できますので、その画像が運動を続ける患者さんのモチベーションの一つになっています。梨状筋症候群、仙腸関節障害、腰部脊柱管狭窄症では骨盤の動きも大切な要素ですので骨盤と姿勢へのアプローチも行います。

その他のお悩みから探す

  • 膝が痛い
  • 肩が痛い
  • 腰が痛い
  • 頚が痛い
  • お尻から大腿・下腿が痛い
  • 交通事故でケガをした方へ
  • スポーツでケガをした方へ